科疾患

当院での内科疾患の診療方針はできる限り丁寧に診察・検査を行い、飼い主様と相談しながら診療方針を決めていきます。

特に難しい病気や慢性疾患では治療方法も複数あるものも多いため、飼い主様としっかりコミュニケーションを取らせていただき、治療のリスク、飼い主様の考え、家庭環境、料金などを加味しながら治療をすすめさせていただきます。

特にガンや免疫疾患などの難病では他の病院様からの紹介やセカンドオピニオンでのご来院もしばしばあり、かかりつけの先生とはまた違う視点や方法でのアプローチもできるかもしれません。

大切な家族が病気になってしまった場合、とても心配で不安になってしまうかと思います。

当院にセカンドオピニオンとして話だけでもいらっしゃいませんか?

不安に思っていることをお話しいただければ、我々も全力でサポートいたします。

一緒に頑張っていきましょう。

 

特にご相談の多い病気

・心臓疾患:僧帽弁閉鎖不全、三尖弁閉鎖不全、フィラリア症、心筋症、動脈血栓塞栓症、心タンポナーデ

・呼吸器疾患:ネコの上気道感染症(ネコカゼ)イヌの伝染性気管支炎(ケンネルコフ)、慢性 鼻炎、慢性気管支炎、喘息、短頭種気道症候群、軟口蓋過長、喉頭麻痺、気管虚脱、肺水腫、乳糜胸

・口腔疾患:根尖膿瘍、猫の歯肉炎

・消化器疾患:巨大食道症、慢性胃炎、慢性腸炎、胃潰瘍、腸リンパ管拡張症、炎症性腸疾患(ステロイド反応性腸炎)、抗菌薬反応性腸炎、巨大結腸、習慣性便秘、肝炎、胆嚢炎・胆泥症・胆石症、胆嚢粘液種、ネコの胆管肝炎、ネコの肝リピドーシス、門脈シャント、膵炎、膵外分泌不全

・腎泌尿器疾患:慢性腎臓病、尿石症、膀胱炎・尿道閉塞、膀胱アトニー、前立腺肥大

・内分泌疾患・代謝性疾患:甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、クッシング症候群、アジソン病、糖尿病、尿崩症、高脂血症、上皮小体機能亢進症、上皮小体機能低下症

・脳神経疾患:前庭疾患、水頭症、てんかん、ライソゾーム病、肉芽腫性髄膜脳脊髄炎、壊死性髄膜脳炎(パグ脳炎)、壊死性白質脳炎、椎間板脊椎炎、変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、馬尾症候群、顔面神経麻痺、三叉神経麻痺

・筋・骨・関節疾患:多発性関節炎、リウマチ、重症筋無力症、咀嚼筋炎、多発筋炎、コーギー筋炎

・血液疾患:免疫介在性溶血貧血、免疫介在性好中球減少症、免疫介在性血小板減少症、バベシア病、ネコのヘモプラズマ症、各種貧血

・行動学的疾患:分離不安、常同障害、認知症、多動症、誤食癖、パニック症候群、、過剰なストレスによる諸症状

・その他:各種腫瘍、薬物・毒物誤飲、猫伝染性腹膜炎など

 

WOLVES Handグループ 沖縄各医院

豊見城動物高度医療センター

TEL:098-852-2722

住所:沖縄県豊見城市字翁長843番地1

HP:https://wolveshand.jp/southern-wolves/tomigusuku/  

那覇動物病院

TEL:098-917-2369

住所:沖縄県那覇市字松川778-2 グランスイートおもろまち1階

HP:https://wolveshand.jp/southern-wolves/naha/

西原動物病院

TEL:098-882-0170

住所:沖縄県中頭郡西原町字翁長594-1階

HP:https://wolveshand.jp/southern-wolves/nisihara/

名護動物病院

TEL:098-051-0700

住所:沖縄県名護市字名護4558番地8

HP:https://wolveshand.jp/southern-wolves/nago/
PAGE TOP
PAGE TOP