白内障とは

 白内障は遺伝糖尿病外傷ぶどう膜炎加齢などが原因で水晶体タンパク質が変性し、白く濁った状態になることを言います。
 白内障はその状態によって、徐々に見えなくなってきてしまいますが、「加齢によるものだから」と放っておくと、眼が見えなくなるだけでなく様々な合併症を引き起こし、重度の場合は視覚を喪失するのみならず、緑内障やぶどう膜炎を併発して痛みや眼球の変形を起こす場合があります。

白内障の治療

 白内障の治療には内科的治療と外科的治療がありますが、「白内障を治療する」となると基本外科手術になります。
様々な合併症の予防や進行を遅らせるなどの目的で眼薬を使用することはありますが、「治療」としての大きな効果はありません。
「治療」となると、濁った水晶体を取り除くことが重要となってきます。

白内障手術

 白内障の手術は眼科手術用の顕微鏡を用いて行います。
 まず、眼の表面を切開し、そこから内部へと進み濁った水晶体を破壊して、吸引し、綺麗に洗浄します。
そこへ人工レンズを挿入して、あとは初めに切開した眼の表面を縫合して終了です。
 術後は抗生剤や消炎剤、点眼などを行いながら管理いたします。